FC2ブログ

「疫病神」ピエロピ 坂下



ピヨピヨレボリューション「疫病神」
で私が演じたのは

劇団ピエロピ創立メンバー
坂下
でした。


特に役作りらしいこともしないままでしたが
たぶん
それで良いのだろうと思って演ってました。

私が私の個性で演じて成立する役だろうって早めに分かったので

それよりも
劇中でのピエロピの存在とか
恵美にとってのピエロピの存在とか

そういう事に気を使いました。



恵美にとってのピエロピは
そのまま右手ちんにとってのピヨレボであったと思うし

恵美が酔っ払って
どんな悪態をついたとしても
それでも
恵美を愛し側にいる

それが私たちピエロピでした。



坂下という人間を演じた感覚よりも
ピエロピのメンバーとして存在する事に意識を向けていました。

そのくらい
チームで作るシーンばかりだったので


とは言え…

本番中に新しい感情が芽生えたり

2ステ目に
ダメな恵美が本当に愛おしくなったし
3ステ目で
酔っ払って叫ぶ恵美に本当に傷つけられて
泣きそうになったし

恵美をピエロピとして
坂下として受けとめる事に集中してました。



今回は
お芝居以外にもダンスや
ギターなど
いつもと違う課題がいっぱいあって…


ダンスは
大学でちょっとだけやってたので
若い時に何でもやっておくもんだなぁって思いました。

それにしても
身体が動かなくなってて
普段ダンスとかやらないのもあるし
老化もあるし

でも
とにかく体力の続く限り
頑張りました。

衣装がヒールだったのもあるけど
千秋楽の朝とか
あと1ステもたないんじゃないかって思うほど
首と肩と足が
かなり疲労が溜まってたんだけど

なんとか頑張りました。




ギターは…
本当に本当に
怖かった…。



まだギターを始めて間もない私が
自分が歌うため以外にギターを弾くのも始めてだったし

私のギターでみんなと歌って踊るなんて!!

初日はまだまだ
全然楽しめなくて顔が笑ってないんだけど…

2ステ目で
少しだけ楽しめるようになって

歌唱指導のめぐちゃん先生にも
良くなったって言ってもらえて


ギターを弾きながら
ステップやフォーメーションが振りとしてついていて
それが、ぴょんぴょん上にリズムをとる振り付けになっていて

私は普段ギターを弾き語りする時は
足を踏みしめて下にリズムをとっていて

macoがつけてくれた振りだから
一緒に上にリズムをとりたかったんだけど

ギターはどうしても
手のストロークを下におろして弾くのもあり

体の整合性が取れなくて…


私の弾きやすいようにやり始めたのが
2ステ目でした。

それで良いって分かったので
その後はとにかくみんなで楽しく
恵美に楽しんでもらう
そう思ってやりました。

3ステ目を見に来てくれた
ギターの師匠である千葉さんがすごく褒めてくれて

千秋楽終わってから
「誇りに思います」って千葉さんからLINEきて
泣きました。


打ち上げでも
めぐちゃん先生に千秋楽のギターを褒めてもらって
泣きました。


不安だったし、自信がなかったけれど
プロのお二人に褒めてもらえたのは
本当に嬉しかったのです。


お芝居は正解なんてないって思うけれど

音楽やダンスは
ある程度のレベルや正解やボーダーがあるものだと思っていて

もちろん
私なんて全然まだまだなんだけど

今回すごく良い経験をさせてもらえて
本当に感謝です。


一緒に歌ってくれたピエロピのメンバーにも
本当に感謝!!!

みんなありがとうっ!!!






いつもの振り返りとは違う角度の話ばっかになってしまったけれど

今回は役のために
私生活に影響が出たりしなくて良かったっ!

精神的にとても健康でした!!


次の舞台は決まってません!

LIVEはいつものようにやります!


ピヨピヨレボリューションで出会ったたくさんの方々
本当にありがとうございました!!!












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川島佳帆里(かわしまかおり)

Author:川島佳帆里(かわしまかおり)
11月13日生まれ
舞台を中心としたフリーの女優
アーティスト名"Cakao"でLIVE出演中
レギュラーイベント毎月第1金曜日「昭和歌謡Night」
第2火曜日「愛と涙のロック笑」@渋谷GABIGABI

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR