プロ意識はプロだけが持てるものではないはず


さて。

久しぶりに告知ではない事を書きますよ。



今、とある番組を見てて(録画で)

とある俳優さんのインタビューでして。

好きな俳優さんです。


名前出しちゃうと
山田孝之さんです。



めっちゃめっちゃ
すごいファン!!!!

ってほどではないですが

とても良いお仕事される俳優だと思っておりまして。




インタビューで
言う事、思っている事、芝居や台本に取り組む姿勢や、
自己評価や、
そういう事がとてもレベルが高い。


第一線で活躍し続けている方に失礼なもの言いであるかもしれないけど。


とてもプロ意識が高い。




インタビューで
山田孝之さんの過去の作品がはさまるんだけど

「ちゅらさん」の弟役やってた時のが出てきて。

彼自身
「ちゅらさん」の途中から
今後は役者としてやっていこうと決めた
とおっしゃっていたので


確かに
その時はまだまだお芝居が若くて。

幼い感じが出ていましたが




その頃と
今では


単純にお芝居のテクニックとか
経験値とかが増えただけじゃなく



プロとしての意識が芽生えたんだろうなって。



それって
自分が置かれいる環境や
役柄や
期待や
ギャラや

直接、自分に分かりやすいものだけでは
きっとなくて


周りの俳優さんの取り組み方とか
監督さんのオーダーとか

プロの役者として扱われる事とか


周りの環境もきっとあったんだと思うの。





私もプロ意識って
いつの間にか気にするようになってて


そりゃね。

山田孝之さんとは生きてる世界が違いますけど

明日にでも
山田孝之さんと共演しますって言われても

「はい。分かりました。」
って言える程度には
プロ意識はあります。



話が少しそれるけど

1、2年前に受けたオーディションで
主演の女優さんが若手実力派の有名な女優さんで


このオーディションを受けたきっかけを教えてくださいって質問に

参加者の6、7割が
その女優さんと共演したいとか。
すごい女優さんだとか。




そんなような事を答えてて。


私はびっくりしたんだよな。

同じ板に乗るのに
有名、無名、関係ないし

何でそんなシタテに出るのかな?って



私よりうんと年下のその女優さんに対して

「お前。どんなもんなんだよ。」
って思ってたし


なんでそんなに売れてるのか
この目で確かめてやろう

って思ってたし


いや。オーディションでその女優さんはいらしてないですし

そんな事言ったら
イキがってるって思われるから言わなかったし

そのオーディションは落ちたんですけど。




んで
話戻すと

私にだって、それなりにプロ意識はあります。


お金と時間をいただいて
お芝居を見てもらっているので

その価値に見合った
できればそれ以上の想いをして帰っていただきたいですし


稽古中は
発狂しそうになるほど悩んだりするし
号泣するくらい辛い時もあるし

役に引っ張られすぎて
周りに迷惑かける時もあるし


舞台の前には美容院行って
本番中にマッサージ行って


それでギャラが飛んじゃうのもしばしば


いろんな事を
犠牲にしながらでも
舞台に立ち続けています。




でも
それでも
山田孝之さんのプロ意識が高いって
思ったのは


やっぱり一流の世界にいるからなのかなぁ…


お芝居の事だけ考えられる
環境のおかげなのかなぁ…。



どうやったら
何を変えたら

レベルの高い
お芝居への意識が得られるのかな。



一流のプロの世界にいなくても
一流のプロ意識は手に入れられると思う。

それは諦めない。

どうしたらいいのかはこれから考える。






そして
出来れば
プロ意識の高い人とお仕事がしたいなぁ。

この人すっっっげーーーーっ!!!!

って思える人たちと
お仕事したい。



そのためには
どうしたらいいのかなぁ。






意識高い人と
お芝居やりたい。




プロ意識高い方々!!!

お仕事の依頼
お待ちしております!!!!





















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川島佳帆里(かわしまかおり)

Author:川島佳帆里(かわしまかおり)
11月13日生まれ
舞台を中心としたフリーの女優
アーティスト名"Cakao"でLIVE出演中
レギュラーイベント毎月第1金曜日「昭和歌謡Night」
第2火曜日「愛と涙のロック笑」@渋谷GABIGABI

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR