FC2ブログ

さえさん。早苗なんで、本名。


今回はさえ役をやりました。

「さえです。早苗なんで、本名。」

劇中に4回言ってたのかな?たぶん。


千秋楽あたりにゲシュタルト崩壊しつつありました。







実は役名って
普段の名前もそうだけど
自分で名乗るってあまりない事で


こんなに自分で自分の役名を連呼するのも
なんだか不思議でした。




さえは
あまりやった事のないタイプの人でした。

自分から主役ポジションに進んでいく

そんな人ですね。


突き詰めていくとかなり自己中な人だと思いますけどね。



体育会系なので
まず
大きな声であいさつと上下関係をはっきりさせるとこから
役作りがスタートした気がします。


自分より後輩だと認識すると
マウンティングから始まり
相手を懐柔していく。


でも
頭が良くて気がきくから
すぐに相手を懐柔できちゃうんだろうし

きっとお店のお客さんもそうやって
増やしているんでしょうね。


でも
この懐柔だって
自分の職場環境を良くするためや

自分がNo.1になるための下準備だろうから

やっぱり自己中なの。



伝説のホステス「なっちゃん」を探して
ガールズバーまで辿り着いた
ような言い方をしているけど

本当はあちこちでクビになって流れついてる
という事実もあります。



そして
「なっちゃん」を探し出すのだけど

探し当てた瞬間
勝負を挑む
なかなかの根性してます。


探し方も「勘」と「オーラ」


こうやって解説すると
かなりぶっ飛んでいるし
ちょっとバカじゃんって思うけど

でも
そこがさえの可愛いらしさだなぁ…
と思います。


そうなんです。
さえはバカなんです。

でもそこが好きだった。





そして
今回は5年後のお話
「Dressing UP」も
さえはとても関係していて

…というか
動画で出演しましたね。


私のさえを師匠と崇める
2代目さえがいるのですが

崇めっぷりがすごくて

2代目さえだけじゃなく
まる子や

まいまいやきいちゃんや


みんなが私を
さえを
師匠と呼んで憧れてくれるので


私はちゃんとそこに到達しなくてはいけない
というプレッシャーもありました。




2代目さえをやってくれた
能澤佑佳ちゃんはずっと私を
「師匠」と呼んでくれてた…。

ありがとう。



動画出演も
やった事なかったなぁ…


稽古場で最後の通し稽古を見て
翌日に撮った映像だったので


初日あたりは馴染みがよかったけど
もう千秋楽あたりでは
みんなの芝居が引き締まってきてたから

私の映像が馴染み悪くなっちゃってたの
少し気になってしまった…



すごく緊迫したところに
私の映像が入って
空気を一変させなきゃいけなかったから

もともと少し浮くようにはお芝居してたんだけど…


生のお芝居と映像との絡みって難しいものですね。



でも
UPを見てくれた方は分かると思うけど

さえはとても幸せになれたし

きっとあのまま幸せなんだろうと思うから

久しぶりに幸せな人を演れて
私も幸せだった。




今回も誘っていただいた池田さん。
ありがとうございました。

素敵な役をありがとうございました。
米内山さん。



まだまだ書きたい事があるので
また時間を見つけて追記書きます。



ありがとうございました!!!





























スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川島佳帆里(かわしまかおり)

Author:川島佳帆里(かわしまかおり)
11月13日生まれ
舞台を中心としたフリーの女優
アーティスト名"Cakao"でLIVE出演中
レギュラーイベント毎月第1金曜日「昭和歌謡Night」
第2火曜日「愛と涙のロック笑」@渋谷GABIGABI

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR